The Night School

by Economics Design Inc.

「興味はあるけれど内容が分からなくて申し込みにくい」という方は、無料会員登録をすると7月29日の無料公開体験授業のアーカイブ動画を視聴可能です。

参加を希望される方は、無料のフレンド会員に登録し、会員用ページから当日ご参加ください。

The Night Schoolは毎週木曜20:00-21:00に開催される「ビジネス特化の経済学」オンラインスクール。可処分時間が少ないビジネスパーソンに特化した設計です。具体的には「基礎→実務に近い内容」の流れで授業を作っています。基礎で一気に本質をつかみ、中級レベルの細部や論理は大胆に端折り、実務に近い内容に入ります。ここでしか聴けない「ビジネス特化の経済学」です。【過去の授業はこちら】

現在約150人のレギュラー会員がいます。希望者はFacebookのグループに参加でき、講師やメンバーと交流もできます。

9月30日(木)20時00分〜入山章栄氏を招いて、無料特別ウェビナーを開催いたします。

※参加には無料フレンド会員登録が必要となります。当日時間になりましたら会員ページに表示されるZoomURLリンクからご参加ください。

早稲田大学大学院教授であり、多くの企業へアドバイザリーをおこなっている入山章栄氏より、
経営学や経済学などの学知をどのようにビジネスへ活用しているのか、共同創業者と約1時間ほどディスカッションをおこないます。


現在おこなっている授業

山口真一(国際大学准教授)博士(慶大)

計量経済学を専攻。「あさイチ」「クローズアップ現代+」をはじめメディアにも多数出演。主著に『なぜ、それは儲かるのか』、『ネット炎上の研究』など。

高度情報化社会の新しいビジネス戦略―FSP-Dモデル
近年における社会の高度情報化に伴うビジネス環境の破壊的変化を紐解きます。そのうえで、情報社会において持続的に発展できるビジネスモデル―FSP-Dモデル(〈フリー+ソーシャル+価格差別〉×〈データ〉モデル)―を学び、実際のビジネスで活用する方法を考えます。

21年8月5日、8月19日、9月2日、9月16日

坂井豊貴(慶大教授、EDI Co-founder)Ph.D. Rochester

投票制度、取引制度、価値尺度などの設計で多くの国際業績を上げた後、実務に注力。主著に『多数決を疑う』『決め方の経済学』など。

集団的決定と会議の経済学
人間の集団は人間ではありません。人工物という意味では機械に近い。あたかも生物であるかのように動く設計が重要です。そのような設計はどうすればよいか。意思決定を行う会議の最適な構成とはいかなるものか。学知を総動員して考えていきます。

21年8月12日、8月26日、9月9日、9月23日


これからの授業

花薗誠(名古屋大学経済学研究科教授)

競争と協調の産業構造(21年10-11月)
価格付け・投資の意思決定・製品の差異化といった経営戦略について経済学的に論じます。取引先や顧客の特性、競争相手の思惑などを考慮して、自社価値を高めるために企業はどのような行動をとるのかを、様々な事例を用いて考えていきます。

岩澤誠一郎(名古屋商科大学ビジネススクール教授)

行動ファイナンス(21年10-11月)
投資家が株の高値掴みをしてしまうのはなぜなのでしょうか?成長株投資やIPO株投資は人気がありますが、それが失敗に終わりがちなのはなぜでしょうか?株式投資は長期投資をしていれば報われるというのは本当でしょうか?行動ファイナンスの研究を基に、こうしたことについて議論します。

江口允孝(駒澤大学経済学部准教授)

(21年12月-22年1月)

元三菱経済研究所研究員。
研究領域はマクロ経済学、財政学、公共経済学、金融論。

稲水伸行(東京大学大学院経済学研究科准教授)

(21年12月-22年1月)

研究課題:日本企業の職場組織の動態について、定量・定性の両面から調査分析を行うとともに、コンピュータ・シミュレーションを用いたモデル化にも取り組んでいる。
(東京大学ホームページより引用)

西本章宏(関西学院大学商学部教授)

市場創造とブランディング(22年2-3月)

研究概要:マーケティング戦略, メガマーケティング, 市場創造, 脱コモディティ化, ブランド・マネジメント, 消費者行動分析
(関西学院大学ホームページより引用)
飯塚信夫(神奈川大学経済学部教授)

(22年2-3月)

研究分野:日本経済の実証分析(景気循環・経済予測・経済統計)
(神奈川大学ホームページより引用)

これまでの授業

安井翔太(サイバーエージェント AI Lab Economic Research Scientist)

効果検証と因果推論入門(21年6-7月)
効果をデータから正しく検証する技術である因果推論の入門的な内容を解説するとともに、ビジネスでの応用やその限界についての解説します。

上野雄史(静岡県立大学経営情報学部・経営情報イノベーション研究科教授)

財務会計とコーポレートファイナンス(21年6-7月)
企業の価値を推定するファンダメンタル分析の基本を学びます。カギとなるのは財務会計とコーポレートファイナンス。財務会計で初歩的なコーポレートファイナンスの知識を体得。ケーススタディでファンダメンタル分析の基本を体得しましょう。
安田洋祐(大阪大学准教授、EDI Co-founder)

戦略とゲーム理論(21年4-5月)
ライバル企業は機械ではありません。考えながら行動している相手の意図をどう読み、望ましい戦略を導くか。ビジネス競争の本質=戦略的な駆け引きを分析する、ゲーム理論の考え方・使い方をゼロから学びます。(2021年4-5月)
山根承子(株式会社パパラカ研究所 代表取締役)

行動経済学(21年4-5月)
「損して得取れ」とよく言いますが、これを実行するのはなかなか難しいことです。なぜ難しいのでしょうか? 行動経済学の本に必ず登場する「プロスペクト理論」を中心に、私たちの損得判断にまつわるメカニズムを理解していきます。(2021年4-5月)
坂井豊貴(慶大教授、EDI Co-founder)

プライシング(21年2-3月)
価格をいくらに設定するか。価格は、フレキシブルに変えやすく、利益への影響が大きい、経営上の特別の操作変数です。しかしこれほど難しいものはない。広く使える原理原則、事例および統計手法を学びます。
星野崇宏(慶大教授、EDI Co-founder)

顧客関係管理と利益化(21年2-3月)
「顧客を大事に」しても利益を得られなければビジネスでは失格です。経済学に基づく顧客関係管理、つまり「どの顧客からどの程度利益を得られるか」の理解のもとに「販促費をどの顧客にどの程度配分するか」を決定しReturn on Investment(ROI)を最大化する技術を学びます。

これまでの特別ウェビナー

安宅和人(慶應SFC教授、ヤフー 最高戦略責任者)開校記念ウェビナー「働きながらどう学ぶか」(2021年1月28日)
成田悠輔(エール大学助教授、半熟仮想代表取締役)特別ウェビナー「働きながらどう学ぶか」(2021年4月29日)


私たちが目指すもの ――量から質への転換

インターネットの普及が理想主義的に語られる時代がありました。誰でも価値ある知識に触れられるようになる。誰でも正しい情報にアクセスできるようになるのだと。今日この理想は幻滅に取って代わられています。サイバー空間には数多の知識や情報があれども、価値ある情報にアクセスすることや、情報の真偽を確かめることは容易ではありません。嘘や誤解が凄まじいスピードでオンラインを駆け抜け、いまや私たちはその状態を日常の一部として受け入れてさえいます。

とはいえ私たちはその状態を永続させる必要はありません。ただ一つの方針として、量から質への転換が必要なのではないでしょうか。価値ある知識を厳選すること。正しい情報を判別すること。これらはYouTuberよりも専門家が得意とすることですし、集合知よりは専門知が求められる作業に該当します。私たちは経済学の専門家としてその作業を行い、ビジネスパーソンに最も有用な形で提供します。

前世紀の終わり頃から、経済学はビジネスに「使える」学問として急速な進化を遂げてきました。その幅は広く、意思決定や戦略的状況の理解といった思考法から、プライシングや顧客関係管理といった技術にまで及びます。私たちはそれらの一つひとつを武器のようなものだと考えています。変化が激しい時代をサヴァイヴするための、普遍的な価値をもつ武器です。ナイトスクールにはその武器が磨かれ、格納されています。

そのような武器を身に付けたいビジネスパーソンは多忙であろうと私たちは想像します。社会人大学院や各種スクールに通うほどの可処分時間はなかなか作れない。だから私たちは週一回の演習を軸とするプログラムを用意しました。このようなサービスは、無数の投稿動画に溢れたYouTubeとは真逆のものです。厳選した最小本数のプログラムだけで、私たちはナイトスクールを運営していきます。

参加者の皆さんにお願いしたいのは、週2時間程度の可処分時間を割くことです。オンライン授業に60分、その前後の学習に60分ほどでしょうか。授業はどれもナイトスクールのために設計されたもので、「学問のための学問」ではなく、ビジネスに使いやすいよう加工されています。事前知識をもつことは前提としておらず、このスクールはあらゆる学歴と学習歴の人に開かれています。かつての理想主義の要請に応えられるほどではなくとも、社会をその方向に推し進めるサービスでありたいと強く願っています。


会員登録(クリック)

フレンド会員

  • 会費は無料です。
  • 不定期に開催される特別ウェビナーに参加できます。

レギュラー会員

  • 月額9,800円(税込み10,780円)です。
  • 毎月4回あるオンライン授業に参加できます。
  • 入会月の前月分からのアーカイブを閲覧できます(7月31日の入会で、6月1日以降の授業動画と資料を見られます)。
  • 希望者は、Facebookのグループに参加できます。
  • 不定期に開催される特別ウェビナーに参加できます。

【トップに戻る】