Frontier of Research 06(伊芸研吾・田中辰雄)

現在の状態
未登録
価格
月額会員のみ
始める
この コース は月額会員のみ視聴可

1月4日
データをどう活かすか?:データ分析の現場から見えてきたこと(伊芸研吾・エビデンス共創機構 代表理事)
ビッグデータやAI、データサイエンス、EBPM(エビデンスに基づく政策形成)といった言葉が巷に溢れ、官民問わず、データをビジネスや政策に活用することは当然のこととして、どのようにデータを活用するかが近年課題になっている。
官公庁や民間企業、NPOなどとのさまざまなプロジェクトでデータ分析を行ってきた経験から見えてきた、データを有効活用するために求められる条件を解説する。

1月18日
コンテンツ産業の見えざる危機と解決策(田中辰雄・横浜商科大学 教授)
アニメ・漫画など日本のコンテンツ産業は世界的な競争力を持っていますが、そのビジネスモデルには大きな弱点があり、今後10年で敗着を招くリスクがあります。その弱点とはフリーミアムに出遅れていることです。フリーミアムとは基本無料で一部のユーザから課金するビジネスモデルで、ネット時代の基本的なビジネスモデルです。このビジネスモデルをコンテンツ産業に取り込むにはどうすればよいのか。本講義では、日本のコンテンツ産業が今後も自由で豊かな文化をつくりつづけるためにも、ビジネスモデルの核心が必要であることを示します。
なお、本講義の内容は、本ナイトスクールの山口真一氏のFSP-Dモデルの応用例となっています。本講義の受講前あるいは後に山口真一氏の講義を聞くと理解が深まるでしょう。

*こちらの講義は24年2月以前にお申し込みされたレギュラー会員のみが視聴可能です。
会員登録はこちらのリンクからお申し込みください。