Economics Design Inc.

経済学のビジネス活用

Economics Design Inc. は「経済学のビジネス活用」を促進するチームです。
経済学者の坂井豊貴・星野崇宏・安田洋祐と、
経済学をビジネスに活用してきた今井誠が、2020年6月に共同創業しました。
法人向けにコンサルティング業務を、個人・法人向けに「ビジネス特化の経済学」スクールを提供します。

共同創業者

sakai-transparent

坂井 豊貴

(さかい・とよたか)

慶應義塾大学経済学部教授、(株)デューデリ&ディール・チーフエコノミスト

hoshino@2x

星野 崇宏

(ほしの・たかひろ)

慶應義塾大学経済学部教授、理化学研究所AIPセンター経済経営情報融合分析チームリーダー

yasuda

安田 洋祐

(やすだ・ようすけ)

大阪大学大学院経済学研究科准教授

_6pQ_UKS_400x400

今井 誠

(いまい・まこと)

株式会社エコノミクスデザイン代表取締役・共同創業者

不動産オークションに黎明期から従事。現在、(株)デューデリ&ディール取締役、(株)Dolphins代表取締役を併任。「経済学×ビジネス」の月例ワークショップAuction Labを主宰。

Twitter: @imai_auctionlab

代表挨拶

新しい時代の動力

学問は、その性質上、ビジネスで強力に働きます。再現性があるので成功を再現できるし、失敗を再現せずにすみます。データから学べば、独善や思い込みに陥らずにすみます。私自身はオークション理論を不動産の売却に活用し、価格決定の透明化と利益の向上に努めてきました。

経済学には様々なツールが開発されています。米国では活用が注目されつつありますが、日本でまだその機運は高まっていません。ポール・ローマーは知識こそが経済成長の泉源だと論じ、2018年にノーベル経済学賞の桂冠に輝きました。知識を活用しないことは、日本社会の大きな損失です。

それなら自分たちで学知のビジネス活用を推し進めよう。市場を通じて社会に貢献しよう。そのように考える三人のトップ研究者とビジネスサイドの私が出会い、エコノミクスデザインの創業に至りました。研究者によるD2C(direct to consumer)がこの会社の特徴です。

折しも創業の時期と、人類が未知のウイルスに苦闘する時期が重なりました。時代は誰かが良くしてくれるものではなく、自ら良くしていくものです。私たちは知的資源を、新しい時代の動力にしていきます。

コンサルティング

Consulting Service

メカニズムデザイン

選出方式(役職者や受賞者を選出する決め方、選挙方式の設計など)の設計。食べログのようなレーティング方式の設計。トークン、地域通貨、暗号資産のエコシステム設計。

プライシング

データ分析と行動経済学の知見に基づく価格決定。機械学習手法に基づくダイナミックプライシング。BtoBのプライシング(見積戦略など)。新サービス・新製品のプライシングのためのリサーチ設計と実施。

オークション設計

トークン、地域通貨、暗号資産を発行する一次市場の設計。売買プラットフォームの設計。オークション業務の導入。

マーケティング

データと行動経済学の知見に基づくCRM(顧客関係管理)。マーケティング施策のROI(投資対効果)の分析。広告効果の算出と配分最適化。因果推論に基づく施策評価と投資最適化。リサーチ設計支援と実施。

ナイトスクール

The Night School

ビジネス実用を志向した経済学のスクールです。品質管理の行き届いた学びを提供します。

毎週木曜日20:00-21:00(レギュラー会員)にオンライン講義。ビジネス特化の完全オリジナル。